Do-Clinic | 札幌市中央区の市電西15丁目駅徒歩1分に新規オープンする肩関節と骨粗鬆症専門医と理学療法士が連携した整形・運動器リハビリテーションのクリニック

南1条西14丁目に肩関節・骨粗しょう症の専門医と、
運動器機能治療が専門の理学療法士による、リハビリテーションが中心のクリニックが開院しました。

痛みの原因や病態に応じた、一番適切な治療方法を考えます。

治療の4つの柱


ごあいさつ

はじめまして、“Do-Clinic”のホームページをご覧いただきありがとうございます。
院長の道家です。道家と書いて“どうけ”と読みます。
2019年6月1日に整形外科診療・運動器リハビリテーションを中心とした“Do-Clinic”を開院しました。
開院のご挨拶として、私の開院に至った治療の考えをご紹介したいと思います。
一般的に整形外科を受診される患者さんは身体の痛みを訴えて来院されます。通常ではレントゲン撮影をして、関節の変形や神経の圧迫が痛みの原因であるとして、手術治療に重きを置きながら診療を行っています。しかし、私はこれまでの経験から、痛みの原因はそれだけではなく、手術では治すことができない場合が多いと感じています。それは姿勢や筋肉のバランスがくずれていたり、身体の動かし方が悪いとそれだけで痛みを生じるということです。これは運動機能の異常や低下と思われ、整形外科領域の運動器の痛みの大部分を占めると考えています。そしてその治療はリハビリテーションであると確信しています。
当院では骨や関節・神経・筋肉といった運動器に対する医師による診断と、運動機能を専門に診る理学療法士の評価により、患者さんの痛みの原因を探り、痛みを治すためには何が必要かを判断します。運動機能の異常が原因であればリハビリテーションで治療します。もちろん関節や腱が構造的に損傷している場合には手術が必要になることはありますが、リハビリテーションで症状が改善できることも多く、手術をしないで治療することを最優先に考えています。
また近年の超高齢化社会の中では、自立して生活を送ることのできる健康寿命を延ばすことが重要とされています。介護が必要となる原因の多くの割合を、骨折や関節疾患が占めます。骨粗しょう症を早くからみつけ治療していくことで、骨折を予防できることがわかっています。また関節の変形だけでなく、筋力の衰え、姿勢の悪化などが、身体の動く機能を悪くします。骨密度の低下や運動機能の低下を早くからみつけるために、骨粗しょう症検診や運動器健診を行い、地域の皆さんの長く健康に過ごすことができるお手伝いができればと考えています。
整形外科は、外科=手術という考えが多いですが、手術をしないで治す整形内科の気持ちを常に持ち、患者さんの笑顔のために、日々の診療に邁進したいと思います。
“Do-Clinic”をどうぞよろしくお願いいたします。

	院長・医学博士 
道家 孝幸
(Takayuki Dohke)


クリニックブログ

ノーサイド・ゲームとラグビーW杯

Do-Clinic 道家です みなさん、お盆はゆっくり過ごされていますか? 中にはGWに引き続き9連休の方もいらっしゃるかと・・・羨ましい限りですが、Do-Clinicはお盆も休まず診療しています 普段はお仕事などで来院 …

超音波(エコー)による乳児股関節検診

みなさん、乳児に生じる股関節脱臼ってご存知ですか? 実は日本人は人種的に、股関節脱臼を生じやすいんです 人工股関節が必要となる方には、股関節脱臼が関与している場合がほとんどです   1970年代は2〜3%と言わ …

骨密度検査、骨質検査のススメ

Do-Clinic 藤本です。 7月も下旬になりました。 来院される患者さんで骨粗鬆症の検査を受けられる方が増えてきています。 先日も50代の方がランニング中に下腿の痛みが出現し受診された方がおりました。 その方は人より …

ネット予約
求人情報
クリニックブログ
お問い合わせ
診療時間
フェイスブック
PAGETOP
Copyright © do-clinic All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.
ネット予約 0112223334 お問い合わせフォームへ