ラグビーロスで更新が滞り、すみません
Do-Clinic 道家です

笑わない男稲垣や、ラグビー日本代表選手が連日メディアを賑わせており、大学ラグビーも多くの観客が詰めかけているようで、ラグビーがみなさんの身近になって嬉しく思います
札幌でもラグビーを始める子供たちが増えていて、指導者が足りなくなっていると聞きました
1月からトップリーグが始まり、私も1月下旬にグランドドクターに行ってまいります

 

さて、先日東芝から血液1滴でがんが検出できる技術が開発されたと発表されました
数年以内に実用化予定とのことですね
マイクロRNAの濃度を測定することで、がんがあるかどうかを判定するようです

ただ13種類のがんが判定できると言われていますが、がんがあるかないかがわかるだけで、何がんであるかの判断はつかないようです
価格は2万円以下を目指すとのこと
実用化するとよいですね

ただ同様の検査は当院でも行えます!
すでに血液でのがん検査は何種類かありますが、当院ではメタロ・バランスというレナテック社の検査が実施可能です
これが北海道で施行できるのは当院のみです
男性6種類、女性9種類のがんのリスク判定が可能です
2019年春から実用化されており、関東、九州では1日200人を超える方が検査を受けられているようです

発表された東芝の検査はマイクロRNAというタンパクを測定するものですが、メタロ・バランスは血液中の微量金属元素を測定します
体内には、微量の金属元素があり、がんの種類によって金属量の傾向があるようです
したがってその傾向に近ければ、がんである可能性が高いということになります(注:がん細胞を調べているわけではないので、がんのリスクの判定です)

ただ、検査精度はかなり高く、現在すでに一部で行われているマイクロRNAを計測する方法(1種類のがん種で費用は約8万円)と同等の精度とのことです
難しい数値を出すと、大腸がんの場合、メタロバランスのAUCが0.94、マイクロRNAのAUCが0.927、腫瘍マーカーCEAnoAUCが0.669とのことです
病院で一般に行われている腫瘍マーカー検査よりも精度が高いということになります
またがん細胞の有無をみているわけではないので、小さな小さな早期がんでも判定が可能とのことです

メタロバランス検査の目的はがんのリスク判定です
検査でがんの傾向が高ければ、そのがん種の精密検査をオススメします
ただ一番最初の健康診断の段階の検査としては最適なのではと思っています

メタロバランス検査は、朝食を食べずに、午前中に来院していただければ検査可能です

 

また月に1回レナテック社の検査イベントも行っています
詳細、申込みは下記のリンクよりお願いいたします
直近だと12月15日(日)、1月19日(日)、いづれも午前中に行います

https://metallo-balance.net

ふりっぱーなどでも掲載されているようです

がんは早期にみつけ、早期治療をすることが重要です
これを期にがんの健康診断を受けてみてください

 

今日も足元がすべりやすくなっています

転ばぬようご注意ください