Do-Clinic&管理栄養士小松先生 コラボ企画

 

新型コロナウイルスの影響が拡大する中、当院としてできることはないか日々考えています。

その1つとして、当院の骨粗しょう症やスポーツ選手の栄養面で協力をしていただいている北海道コンサドーレ札幌の管理栄養士 小松信隆先生に、栄養士の立場から、正しい感染予防のための食事のコラムの作成をお願いいたしました。

「免疫力を高める食生活」のコラムを計4回で掲載していきます。

お楽しみに。

 

 

『免疫力を高める食生活;はじめに』

みなさま、こんにちは。

Do-Clinic栄養担当の小松でございます。

普段は“Do-Clinic栄養セミナー”、骨粗しょう症の患者さんやアスリートのみなさまへの個別の“栄養相談”を担当させていただいております。

 

みなさまにおかれましては、新型コロナウイルス感染への不安の中、色々と不自由を強いられていることとお察しします。

また、「Do-Clinic骨粗しょう症栄養セミナー2019」の最終回も開催を延期せざるを得ない状況が続き、お申込みいただいている方々にはご迷惑をお掛けしております。

 

そんな中、ネットやテレビ、雑誌では“免疫力を高める食事や料理”の紹介を見る機会が増えているのではないでしょうか。

しかし、それらは特定の商品のCMであり、「本当に免疫力が上がるのか」が不確かな場合が多いのです。

「個人の感想であり、効果を保証するものではありません」という小さい表示のことです。

 

そこで、「免疫力を高める食生活」についてのコラムを4回シリーズ(週1回)で掲載し、最終回にはレシピと併せて食生活の具体例を提案させていただこうと考えております。

栄養に関わることから免疫力を解説しますので、お付き合いいただきたく存じます。

 

小松 信隆