Do-Clinic栄養担当の小松でございます。

新型コロナウイルスの感染が拡大する中、再び栄養セミナーを延期せざるを得ない状況になっております。

この間にいくつか「筋肉のためのレシピ」を紹介させていただいております。

 

今週は第四弾、「牛肉とじゃがいもの筋肉甘酢炒め」のレシピです。

 

◎牛肉とじゃがいもの筋肉甘酢炒め

◆材料(2人前)

・牛赤身薄切り肉 200g程度(たんぱく質・ビタミンB6)

◇下味

・しお 小さじ1/3

・こしょう 少々

・酒 大さじ2

・溶き卵 大さじ2

・水溶きかたくり粉 大さじ1

(水 大さじ1/2・かたくり粉 大さじ1/2)

・かたくり粉 大さじ1/2

・サラダ油 大さじ1

・じゃがいも 1個(炭水化物・ビタミンB1・B2・B6・C)

・ブロッコリー 1/2房(ビタミンC・カルシウム)

・長ねぎ 10㎝程度

・しょうが 1片

・輪切り唐辛子

 ◇甘酢だれ

 ・砂糖 大さじ1

 ・ポン酢 大さじ5

 ・こしょう 少々

 ・中華風調味料 大さじ2

・サラダ油 大さじ2

 

◆作り方

① 「牛肉」は細切りにして、「しお」、「こしょう」、「酒」、「溶き卵」の順にかけてよくもみ、「水溶き片栗粉」を加えてもみ、「かたくり粉」をまぶし、サラダ油をかけて軽く混ぜる。

② 「じゃがいも」は細切りにして水にさらし、しおとサラダ油を少々入れたお湯でサッとゆでる。

③ 「ブロッコリー」は細切りにしてしおを少々入れたお湯でサッとゆでる。

④ 「長ねぎ」は1㎝程度の斜め切りにし、「しょうが」は薄切りにする。

⑤ 「甘酢だれ」は合わせておく。

⑥ フライパンに「サラダ油」をひき、強火で牛肉を炒め、ある程度火が通ったら、「長ねぎ」、「しょうが」を加え、香りがたったら、「じゃがいも」、「ブロッコリー」を加え炒め合わせ、「甘酢だれ」を回しかけたら完成です。

 

 

実は昔の栄養の本には、運動後に「牛肉」と「オレンジジュース」という組み合わせが、「筋肉を作るのに最適だ」と書かれていました。それは海外の本の翻訳で、日本人の特長は考慮に入れられておりませんでした。

これは「牛肉」と「オレンジジュース」の栄養を日本人向けにアレンジしたレシピです。

「牛肉」から筋肉の材料になる「たんぱく質」とたんぱく質を分解し身体のたんぱく質を合成するために必要な「ビタミンB6」。

「じゃがいも」から筋肉を作るために必要な「ビタミンC」、更に疲労回復にも有効な「ビタミンB群」を摂り。

「ブロッコリー」からダメ押しに「ビタミンC」を加えた中華料理のレシピです。

今週は少し手の込んだレシピでした。

と言っても、炒め物ですので調理時間は下ごしらえを含めて30分程度で、意外と簡単に本格中華の味を楽しめます。

「ザ・筋肉レシピ」ですので、皆さんも是非、お試しください。

 

4週に渡ってお届けしてきました「筋肉レシピ」はこれで終了です。

次回は「骨」「骨粗鬆症」についてのレシピを掲載予定です。

ご期待ください。