「みんな元気にな〜れ!」はDo-Clinicが主催する市民講演セミナーです。

クリニックの一番の目標である健康寿命を延ばして、みんなが元気で生活できるようにと願いを込めて命名しました。

年数回、定期的に開催していく予定です。

開院前の5月には内覧会イベントとして、第1回「みんな元気にな〜れ!」を「気象と医学」というテーマで、UHBの気象キャスター菅井貴子さんにご講演をしていただきました。

 

今回は「骨粗しょう症を防ごう!」というテーマで第2回「みんな元気にな〜れ!」を開催いたします。

 

当院では「骨粗しょう症認定医の包括的な診断と治療」ということを柱の一つとして診療を行っています。

骨粗しょう症は症状がほとんどないため、骨密度検査を行わないと診断ができません。

そして知らずしらずのうちに骨粗しょう症が進行し、骨折を起こし、生活に支障が生じてしまうことが多い病気です。

骨粗しょう症検査の啓発活動を行っており、また骨粗しょう症の予防には「栄養」と「運動」が不可欠だと考えています。

 

第2回の今回は、北海道コンサドーレ札幌の管理栄養士でいらっしゃる小松信隆先生に、「骨を丈夫にするための食生活」というタイトルでご講演をいただきます。

当院の骨粗しょう症セミナーも定期的に開催し、毎回小松先生には大変勉強になるお話をしていただいています。

今回は骨粗しょう症予防のための栄養の重要性をもっと多くの方々に知ってもらいたい、そして骨折を予防してもらいたいという思いから、小松先生に講演をお願いしました。

 

前座として院長道家より「骨粗しょう症は怖い病気です」というタイトルで、骨粗しょう症による骨折や診断方法を説明。

また副院長山崎より「転ばないためには?」というタイトルで、転倒して骨折を起こしますので、まず転倒しないための運動の工夫などを説明します。

そして耳寄りな情報もご用意していますので、ぜひお誘い合わせの上、ご来場ください。

 

日時は11月16日(土)14:00開場、14:30~16:30

会場は当院があるビルの地下1階「ウィステリアホール」です。

参加無料、申込不要です。

たくさんの方のご来場をお待ちしております。

 

なお10月22日発行されました地域新聞「ふりっぱー」11月号札幌南版にも掲載されています。

チェックしてみてください。