本日中外製薬さん主催のWEBのセミナーで、「骨粗鬆症とビタミンD」について講演をしました。

コロナ禍の現在、ほとんどのセミナーがWEB開催となっています。

聴衆が目の前にいないのは寂しいですが、仕方ないですね。。。

 

発信していた場所はこんなところです

 

 

今回はビタミンDについて

ビタミンDは骨粗鬆症治療において非常に重要です。

ビタミンDが不足していると、薬を使っても骨密度が増えなかったり、転びやすく骨折を起こしやすいことが報告されています。

しかも日本人の9割以上の女性の方はビタミンDが不足しています。

開院からこれまでのビタミンD計測をした患者さんのデータをまとめますと、当院でも92%の方がビタミンDが不足していました。

 

日光に当たったり、食事からビタミンDを摂取することが重要ですし、少ない方は活性型ビタミンD製剤という薬の使用をオススメします。

詳しくはスタッフへお問い合わせください。