10月30日に行われたNEXT Osteoporosis Web Conference in Sapporoという骨粗しょう症のWebセミナーで講演をしました。

なんと、骨質という概念の重要性を世界に発信した東京慈恵会医科大学の斎藤充教授の後に私が講演でした。

今回は「骨折の危険性の高い患者さんへの治療戦略」ということで、骨折の危険性の高い患者さんはどういった方か、また最初の骨折後に続いて生じやすい2度目の骨折時期、ゴールを定めてそれを達成するための薬剤選択などをお話させていただきました。

詳しくはブログにも書いています。

ぜひご覧ください↓

https://do-clinic.jp/2410/